素敵なランドセル

人生で一度、誰もが使うランドセル

ランドセルは小学校へ通うときに教科書やノートや文房具などを入れて背中に背負う鞄です。
日本人のほとんどが小学生の6年間ランドセルを利用しています。
ランドセルには様々な色や形や機能がありますが、すべてに共通して言えることは革でできた箱型で背負うスタイルのものだということです。

ランドセルの文化は日本以外の国にはありません。
時代が移り変わり行く中で日本人のファッションにも多様の変化がありますが、そんな中でもランドセルの基本的なスタイルは変わることがありません。
今はもう大人だと言う人も小学生時代はランドセルを背負っていました。そして現在の子供も昔と変わらず小学校へ背負って通います。

日本人にとってランドセルは小学生の象徴でもあり、懐かしいもので変わることのないものです。
ランドセルは日本人であれば誰もが一生のうち一度は持つものだと言うことができます。

HERZのランドセルのご紹介

このサイトはHERZ(ヘルツ)のランドセルをご紹介するサイトです。
HERZではバッグや革小物などの様々な手作りの革製品を扱っていて、ランドセルもそのひとつです。

【革選びから縫製までこだわった手作りランドセル】
HERZ製品の取扱店
引用元:http://www.herz-bag.jp/aboutus/shoplist/

HERZでは永く愛用してもらえる革製品を作ることがモットーです。
ランドセルにも同じ精神がこめられていて、流行に流されず飽きのこない質の高いランドセルを作り続けています。
ランドセルの機能はそのままに選び抜いた本革を使い、デザインや使い勝手にもこだわった上質なランドセルです。
6年間使うランドセルですから丈夫なのはもちろん、使うほどに体になじみ味わいが出るランドセルです。

お子様やお孫さんのランドセルを探していて、「ぜひ素敵なランドセルを!」とお考えの方にぴったりのお店です。
HERZのランドセルを扱っている工房と直営店は渋谷と博多と大阪にあります。
お気に入りのランドセルを見つけにHERZへ行ってみませんか。

【HERZ公式HPはこちら】
鞄・レザーバッグのHERZ公式サイト【手作り革鞄と革製品】
引用元:http://www.herz-bag.jp/