ランドセルとは

小学生が使うのにぴったり

小学生が小学校に通うときに背負う鞄のことをランドセルといいます。
ランドセルの中には教科書やノートや筆箱などの学用品を入れます。
明治20年に当時の内閣総理大臣であった伊藤博文が、学習院の初等科に入学する皇太子殿下へのお祝いランドセルを献上したのがランドセルの始まりです。

箱型で革製の丈夫なランドセルを特別に作らせたそうで、それが現在のランドセルの原型となっています。
今のようにランドセルが全国の小学校に普及したのは昭和30年以降のことです。
ランドセルは革でできているので小学校の6年間乱暴に使用しない限り長く使うことができますし機能や安全面でも優れています。
荷物がたくさん入りますし、ランドセルを背負うことで子供への負担が減ります。
両手が空くので万が一転倒したときにも手が使えて安全です。

ランドセルは小学生が使うのにぴったりな鞄であると言えます。
以前は男の子は黒のランドセルで女の子は赤のランドセル、というのが一般的でしたが、最近では様々な色やデザインのランドセルが販売されています。
色々なランドセルの中から6年間愛用する好みのランドセルを選ぶことができます。